週末におススメのファイナンス映画!まじめなトップ10!

マーケットがお休みの週末は、今週の結果を振り替えり分析をするのも大切ですが、トレーダー自身も少しお休みをとるべき時です。





いい週末にはいい映画。必須ですよね。

ここでは、トレーダーの週末にぴったりな金融取引をテーマにしたコアな名作映画をご紹介します。


※以下は、結構まじめなセレクションです。ご了承ください。

おススメのファイナンス映画トップ10


1.マージンコール(2011年 / 原題:Margin Call)


☞ Amazon.co.jp: マージンコール

レバレッジをはるかに超える取引を抱えてしまったとき、何が起きるのか?



マージン・コールは、リーマンショックの原因を生み出したリーマンブラザーズを題材に、現代世界覆う金融システムのもろさを描いた映画です。


2. ウォール街(1987年 / 原題:Wall Street)


☞ Amazon.co.jp: ウォール街



ウォール街は、少し昔の映画ですが、現代でもカルト的な人気を誇るファイナンス・ドラマです。

「君の疑問に答えるには3語で十分だ」


有名な「君の疑問に答えるには3語で十分だ」というフレーズは、この映画から生まれました。


3. Trader (1987年)


☞ Amazon.co.jp: マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣

伝説的なヘッジファンドマネージャーのPaul Tudor Jones (ポール・チューダー・ジョーンズ)に関するドキュメンタリーです。

若かりし頃のポールは、1987年に起きたマーケットの崩壊を予測していました。

※日本での配給が無いようで、動画等も見つかりませんでした。代わりに、ポール・チューダー・ジョーンズ氏のTEDでの講演をリンクしておきます。

▶ TED 「私たちが資本主義を見直すべき理由」 ポール・チューダー・ジョーンズ


4. 大逆転 (1983年 / 原題: Trading Places)


☞ Amazon.co.jp: 大逆転

ウォール・ストリートを題材にした映画は、いつでもシリアスなサスペンスモノですが、この映画「大逆転」は違います。

ウォール・ストリートを舞台としたコメディをお楽しみください。



5. Floored (2009年)



シカゴを舞台に、トレーディングフロアの人々とその人々を取り巻くビジネスのドキュメンタリーです。

※残念ですが、日本では配給が無いようです。


6.  Wall Street Warriors (2006年)




Wall Street Warriorsは、ウォール・ストリートの起業家達を映したドキュメンタリーです。

映画ではなくテレビシリーズで、視聴者はカメラと一体となってウォール・ストリートの表と裏、この世界の過激な競争を目撃します。

※Wall Street Warriorsも、日本では配給がありません。


7. Million Dollar Traders (2009年)




リーマンショックをテーマにしたBBC製作のドキュメンタリーです。

ヘッジファンドに勤めるトレーダーの卵を特集します。

※Million Dollar Tradersも、日本では配給がありません。



8. Quants: The Alchemists Of Wall Street (2010年)



ウォールストリートの錬金術師と副題のついたこのドラマもドキュメンタリーです。

魔術師 OR 錬金術師と呼ばれるファイナンス・プログラマーが、日々アルゴリズムを開発する姿を映します。

※Quants: The Alchemists Of Wall Street も、日本では配給がありません。


9. インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実 (2010年 / 原題: Inside Job)


☞ Amazon.co.jp: インサイド・ジョブ



インサイド・ジョブは、2008年のリーマンショックから長く続いた金融危機について最も包括的かつ正確にまとめられたドキュメンタリーとして評価される映画です。

2008年、なぜ金融危機が勃発したのか?

インサイド・ジョブは、米国の政策と金融業界の仕組みから学ぶ最高の映画です。


10. Billion Dollar Day (1985年)




最後の映画は、1985年の「ビリオン・ダラー・デイ」です。

ニューヨーク、ロンドン、香港の3名のFXトレーダーの生活をドキュメンタリーで追います。

知識や技術ではなく、トレーダーの生活そのものを追うドキュメンタリーです。

※Billion Dollar Day も、日本では配給がありません。


いくつかは、日本では配給されておらず残念ですが、お近くのTsutayaでぜひ探してみてくださいね。


※この記事は、「FBS - Top 10 Movies About Trading」の翻訳です。
※訳と日本語本文は、Nishi Toru。

このブログの人気の投稿

FX裁定取引⇒口座凍結! 禁止されている理由とは?

FBSの取引条件・ボーナス等の注意点まとめ

FBSへのお勧め入出金方法・手数料まとめ