投稿

11月, 2015の投稿を表示しています

2015/11 Spotware cTraderのアップデート

イメージ
FX・CFD取引プラットフォームcTraderを提供するSpotware Systemsが、今回cTraderのアップグレードと新機能の追加に関して発表しました。




cTraderといえば、ECN。

ベーシックなMT4には装着されていないトレーダー間の取引をも可能にするシステムを提供している取引プラットフォームです。
今回のメインアップデートの内容は以下の3つです。
1) チャートの移動
チャートをマウスで簡単にドラッグすることで、チャートを移動できるようになりました。自動での拡大・縮小設定はないため、自由なチャートの大きさで、好きな位置に設定することが可能です。
2) 価格アラームの設定
常に監視していたい通貨ペアやCFD商品に価格アラームを設定し、その価格に達するとお知らせをしてくれる機能が追加されました。メールでのアラーム機能で、いくつでも設定可能です。
3) マージンコールアラームの設定
価格アラームだけでなく、証拠金維持率の変動によるアラームも設定することが可能です。3

ACFX ECN口座限定の口座開設ボーナス$50 始まりました [2015年12月末まで]

イメージ
ACFXがクリスマス・キャンペーンと題し「口座開設ボーナス $50」を実施中です。


▶ キャンペーン詳細へ
ECNに触れてみよう
今回、実施されている口座開設ボーナスには、特徴があります。

それは、ECNプロ口座限定ということ。


本来、専業向けECN

このECNプロ口座は、通常、大口の個人か機関投資家が利用する口座です。

大口の注文にも耐えうる回線とリクイディティに、騙しなく市場の環境に直結できることによる低スプレッド・高約定環境を、期間限定で利用することができます。


※ACFXは、スタンダードもNDDであり、操作無しのSTPです。ACFXのスタンダードSTPでも、スプレッド・約定環境に申し分はありません。しかし、ECNの場合、ECN環境のもつポテンシャルが、スタンダードを上回ります。

最良の環境に騙し無し、FXに専念
大口の個人や機関投資家の注文に耐えうる、本物のECN環境がもたらすのは、ただ最良の環境です。

メリットの詰まったECNプロ口座、銀行系ACFXだからできるこのキャンペーンを、ぜひこの機会にご利用ください。


▶ キャンペーン詳細へ
クリスマスキャンペーンの概要
ボーナス対象となる口座開設の締め切りは2015年12月31日

もちろん、ボーナスそのもの出金はできませんが、話には聞くECN口座というものがいったいどれほどメリットがあるモノなのか、このキャンペーンを利用してご確認しましょう。

また、今回のキャンペーン参加はみんなで海外FX限定ですのでご注意ください。


▶ キャンペーン詳細へ

口座開設の前には、ACFXの会社紹介動画も、ぜひあわせてご覧くださいね。
会社を知ることも大事です。


▶ ACFXへ

ニュージーランドFSPR 155機関のライセンス抹消

イメージ
ニュージーランドの金融監督機関FSPRで登録していた155の個人と金融商品取扱業者が、10月以降の取り締まりの強化により、登録を削除されました。




NZ:FSプロバイダー登録の容易さ
ニュージーランド内での金融機関としての活動、プロバイダー登録の取得は以前から人気のあるものでした。 その理由の1つがプロバイダー登録の容易さです。

オーストラリアASICや日本の金融庁のように厳しい条件を満たす必要もなく、オーストラリアで登録を削除された金融機関もニュージーランドへ移動する形で活動を続けることはよくあるケースでした。


関係機関の動揺、新たな安心

今回の登録抹消数は過去に無いものです。

100以上の登録申し込みがあったのにも関わらず、登録削除数が上回っており、FSP登録者へ大きな動揺を与えています。

今回の処罰は、厳しくなりつつあるニュージーランドの金融規制をわかりやすく示すこととなりました。

ニュージーランドは、金融ライセンスを持つシェルカンパニーの温床とともにその不正な利用が多い国として認知されてきた部分があり、今後、少しでもそうした側面が解消されることは、今もNZライセンスを持つ金融商品取扱業者の適正に対し一定の安心をもたらすことでしょう。


NZ:FSP登録のFX会社一覧

上記リンク先の一覧は、現在もNZ:FSPRにプロバイダー登録されており、今回の監査をクリアした企業の一覧です。

CySECより4社10ブローカーに罰金の制裁。IronFXの中国紛争の和解金も

イメージ
CySECに登録されるForexとバイナリー商品を取り扱う業者に関して、新たなレポートが発表されました。




合計1億円を超える罰金

今回、4社、10ブローカーへCySECより罰金が科せれられています。

制裁を受けた会社
WGM Services Ltd
(EZTrader、EZInvest、Global Option)€ 340,000.00 Pegase Capital Ltd
(InteractiveOption、HelloBrokers、MTX Plus)€ 300,000.00 Depaho Ltd
(GTCM、FXGM)€ 233,000.00 Reliantco Investments Ltd
(UFX、UFXMarkets)€ 123,000.00

合計1億を超える目立ったレポートだったため、今回の件は多くのメディアがすでに取り上げていますね。

この件は、世界的にも金融サービスに特化した企業が特に集まる国の金融監督機関としてしっかり機能していることの確認にもなるでしょうか。

IronFXは中国の一件で和解金を支払うことに

IronFXについては、少し前に中国地域でのボーナス出金に伴うトラブルがあり、この出金リクエストへの出金拒否が大きく問題化していました。

この件については、利用規約に違反したことによるトラブルとしてCySECに判断され、最近まで特にIronFXへは調査は行われてきませんでした。

しかし、ネットなどでも大きく騒がれ、収拾が付く様子もないことから、今年に入りIronFXの出金状況に関しての確認と調査が入っていました。

今回、公開されたレポートに詳細がないことから憶測の域をでませんが、中国地域の件での紛争の和解金としてIronFXは33万5,000ユーロを支払うことに合意をしたようです。


上記の情報は以下のリンク先で確認できますので、ぜひあわせてご確認ください。


CySEC - BOARD DECISIONS

上記はSCAM認定ではない

また、この記事はミスリードを誘いそうですので、解説を加えます

上記一覧の会社は、SCAMの認定をされたわけではなく、CySECよりライセンスの取り消しをされたわけでもありません。

さらに、IronFXに関しては、罰金(制裁)ではなく和解金です。

上記11ブランド…

ついにカードになりました。ビットコインでコンビニ支払いも可能に

イメージ
アメリカでは、ビットコイン専用デビットカードが誕生しました。 





その名前は「シフトカード」(Shiftcard)。 

アメリカ国内のVISAカード取り扱い店であればどこでも、支払い手数料は無料で、利用できます。

このシフトカードを発行しているのは、Coinbaseというビットコインウォレット運営会社です。


Coinbaseへ

ビットコインという発明

ビットコインのシステムは、今世紀最も画期的なシステムとも言われているほどです。

政府、金融機関、カード会社から一切管理されることなく、実際に利用者のもとで全て管理される、金融デモクラシーが実現しています。 

もちろん利用者が増えるほど、さらにビットコインは便利になります。


ビットコインの問題を解消するカード

それでも、ビットコインの利用者の80%は投資目的。残りの20%が資金の送金目的とされています。

この数字はオンライン支払いシステムとしては低い数字です。

ビットコインはこの解決策を探していました。

そこで、発行されたのがこの「Shiftカード」です。

これにより、更に一般層へ普及すると考えられています。

このカードの利用では、個人情報を証明する必要がありますので、匿名性もなくなり、世界中の金融機関にも認められるきっかけになるとも考えられます。


ビットコインカードのメリット

ビットコインのデビットカードを利用するメリットは銀行口座が不要なことです。

もしこれが普及すれば、デジタル通貨のみであなたは生活できることになるかもしれません。


ビットコインとVISA

ビットコインは、金融監督機関からの規制が一切なく、各国・各地域の機関はその匿名性を問題視しています。

そんなビットコインを、あの「VISA」がカード発行を認めるのでしょうか?

いいえ、もちろん認めません。

しかし、ビットコインは、「Shift」というカード会社を通して、「VISA」と契約しています。

「VISA」もビットコインの今回のようなビットコインの透明性を高め、一般に普及させるための活動を全面的に支援しているようです。

新しい金融インフラとして、こうしたデジタル通貨が本当に普及する日も近いかも知れませんね。

なぜでしょう?テロ事件からビットコインへの責任転嫁

イメージ
現在EUでは、テロ活動を阻止するための様々な動きが始まっています。



テロ資金流入阻止

そのひとつが、「EUへのテロ資金流入阻止」です。

テロ活動の資金流入を阻止するために、金融監督機関からの規制が行きわたっていない金融機関への規制強化を行うようです。

現在、EUの政治家やメディアは今回のテロ事件を逆手にとって、オンライン通貨を含めた全ての通信暗号化をやめるように呼び掛けています。


電子通貨ならビットコイン

匿名で利用できるオンライン決済システムと言えば、「ビットコイン」。ビットコイン内部へは金融監督機関からの規制は一切行き届いていません。

どこかの銀行を通すまで、だれが資金の送金を行い、だれがどれほどの資金を保有しているのかも不明です。

この究極に匿名性を追求したビットコインシステムをEUは恐れており、今後大胆な規制がかかるかもしれないと騒がれています。


ビットコイン専用デビットカード

一方、アメリカではCoinbaseのビットコイン専用デビットカードが発行されました。

このカードでは、支払いの際に匿名性をなくし、ビットコインがさらに一般に利用されやすくなったと言われています。

オンライン決済システムが今後どのように世界から認識され、扱われるのか気になりますね。

FX最大手の1社 FxProが南アフリカにも進出

イメージ
あの「FxPro」が南アフリカでも営業を行うことになりました。




FxPro公式サイトへ

FxProはすでに150カ国以上の国々へサービスを提供しており、オンラインブローカーとしてより安心できる世界に認められたブローカービジネスを展開していきます。

南アフリカ金融サービス委員会(FSB)でのライセンス番号は45052です。


FxProの詳細やボーナス情報はこちら

IronFX UKは、新CEOのもと、IronFXから8SAFEへ

イメージ
イギリスの金融監督機関FCA(Financial Conduct Authority)に登録されているIronFXの会社名が、IronFX Global UK Limitedから8SAFE UK Limitedへ変更されました。





大元の会社名が変わっただけで、トレーダーの取引には一切の変更はないとのことです。

FXのブランド名もそのままで、継続してIronFXでの活動が行われます。

IronFXはCEOの入れ替わりもあり、それに伴う、IronFX UKの社名変更かもしれません。

詳細は、次回、IronFXとのミーティングでも質問してみたいと思います。

今後も、グローバルブローカーとして、金融部門においてFXだけにとどまらない市場拡大を進めていくのでしょう。


IronFX UK 公式サイトへ

中国金融鎖国か適正化か。地下銀行と海外資金流出を抑制

イメージ
中国金融監督機関から海外へ資金を流出する「地下銀行」への取り締まりが行われました。





取り締まりの対象となった地下銀行は、4100億元(約8兆円)相当の取引を行っており、マネーロンダリングに関与していると疑われているそうです。

彼らの取引数量はともかく地下銀行達の規模は、計8000億元(約16兆円)にも及びます。

 「中国バブル崩壊」とメディアで騒がれた後から、中国の富裕層での資金リスクオフ・撤退の影響が少しずつ数字に影響が出てき始め、中国政府からの必死な国外資金流出を防ぐ政策が取られてきましたが、今回の地下銀行の取り押さえは本気のようです。

これらの地下銀行への監視は、2,000年に入ってから常に行われており、実際に取り締まりを行い400人近くの逮捕者を出したのは、初めてとなります。

現在は、汚職対策という名目での資金流出の抑制を図っているようですが、海外への資金流出を防ぐための手段のようにも考えられます。

--

既に各所ではずいぶんと話題になっていますね。

2015年の中国銀行事情としては、香港HSBCの本社移転の先行きに注視されている方も多いでしょう。

今や世界金融市場の要ともなる中国については、些細なニュースも見落とさないようしたいですね。

MetaQuotesが初めてMetatrader.comになりました

イメージ
数年におよぶドメイン争いの結果MetaQutoesが、「metatrader.com」のサイトアドレスを獲得することができました。





FX取引プラットフォームといえばMT4。MT4といえばMetaquotesなのですが、インストール後に飛ばされる公式サイトのアドレスは、mql4.comとmql5.comとなっています。

「metatrader.com」ではないことに疑問を持ったことはありませんでしたか?

実は、MetaQuotesは「metatrader.com」のドメインを取得するために、この10年間努力してきていたのです。

その努力の歴史とは…

MetaTraderのドメインは2003年に他社が獲得。そして2012年にMetaQuotesがMetatraderのビジネス名は公式にMetaQuotesが獲得していると起訴し、MetaTraderは2005年までビジネス名として登録していなかったことが理由で敗訴。最終的にMetaQutoesは先月10月にドメインを購入。

顛末の詳細は確認できませんが、シンプルなドメイン構造はユーザーの利益となることでしょう。


▶ MT4が利用できるFX会社 一覧

ロシアに金融ライセンスを取得したFX会社が存在しない事実

イメージ
ブローカーと資産運用の活動を行っているFinam Forexが、ロシア中央銀行へライセンス取得のリクエストを提出しました。





実はロシア国内にて正式にFXブローカーとして活動を認められている企業は存在せず、もしFinam Forexがライセンスを取得すれば世界で有一のロシア認定ブローカーとなります。
なぜロシアに認定された公式のブローカーがいないのか、実はロシアのレギュレーションでは
「FXブローカーはロシアでのライセンス取得不要で、2015年までロシア国内での営業を行っていい。」
と決められています。
しかしながら、もし今後もロシア人顧客を獲得したいのであれば、2015年以降はライセンスが必要となるのです。 来年からはロシア国内で営業を行うブローカーは、ロシア中央銀行により監督・規制されることになります。


世界のFX会社一覧へ

FxProよりApple Watch用FXアプリ新登場

イメージ
FxProからの発表で、新たなiOSデバイスにて取引プラットフォームが対応するということが明らかになりました。



そのiOSデバイスがApple Watchです。

FxPro Forex Toolsへ
2.1.7バージョンのアプリケーションでは、Apple Watchもサポートしているということで、もはやパソコンを開く必要はなく、あなたの袖元を見るだけでFX取引が可能となります。

Apple Watchの取引アプリケーションには市場アナリシス、経済カレンダー機能も適用され、パソコンや携帯と離れている時でも、世界一流れの速い金融市場FXに乗り遅れません。

このアプリは日本語はもちろん、英語、アラブ語、中国語などを含む13言語にて利用可能です。

FxProへ

日本Forex業界の停滞・取引高の減少

イメージ
日本のFXの取引高が昨年と比べて、3割も大きく減少しました。




FFAJの統計によると、日本のOTC(Over the Counter)外国為替市場の取引高は、合計約4900兆円を2015年の1月から10月までで記録していましたが、10月以降で31%の取引高の減少を記録しました。
今年最大ともいえるこの取引高の減少は、世界から非難される日本のOTC(マーケットメーカー)環境が着実にトレーダーを手放しているのか、それとも中国経済とアメリカ利上げの重要指標発表を見越してのリスクオフなのかは明確ではありません。
FFAJのOTC外国為替業に登録し、これらの統計を発表しているのは 53のブローカー達。この数も先月の55から減っています。


世界のFX会社一覧

ビットコインとネッテラーの脱税スキーム

イメージ
※もちろん脱税は犯罪です。利益は法のもとで適切に申告・納付されてください。


ここではビットコインとネッテラーを利用する際の、税金の取り扱いについて紹介します。

ビットコインの永久貯金で脱税をしよう



先に結論を書いておくと、「しっかり監視されているので脱税なんてできません。」


ビットコインは「オンラインバンクではない、オンラインゲームで得るユーザーポイントのようなものだ」とビットコインのシステム管理の甘さを批判されたこともありました。

それは、ビットコインの流通を管理する中央機関が存在せず、ビットコインの価値には裏付けがないためです。



取引上はどうとでもできる

全ての入出金・送金は1つの帳簿にて管理され、プログラムがその帳簿を自動的に整理していきます。

しかし、電子的に管理されているだけで、このビットコインはだれでも利用ができます。

マフィアでも国際指名手配犯でも利用できます。



監視されずルールがなく税金もない

ビットコイン内に、資金を永遠に保管しておくのであれば、税金を払う必要もありません。

なぜならビットコイン内の帳簿は、どこの金融監督機関からも監視されていないからです。

ただ、ここで落とし穴があります。

それがビットコインからの出金です。

ビットコインから資金の回収をするには、必ずどこか別の金融機関を通す必要があります。

ACFXより新しい会社紹介ビデオが到着しました

イメージ
Atlas CapitalよりACFXの新しい会社紹介ビデオをご紹介いただきました。
ビデオの内容がとても豊富でわかりやすいので、このコラムでも掲載したいと思います。



静かに着実にユーザー数を伸ばしている、人気の銀行系 ACFXの新しい会社案内です。

ビデオにはクリントン元米大統領も登場。

ACFXを含むAtlasグループの様々な業種の紹介にもなっています。

2015年、満を持して日本語対応したACFXの強みは、組織・経営の強固さと信頼性。

このビデオであれば、そんな説明も必要ないでしょう。

ACFXをご検討中の方、既にお取引中の方、取引予定がない方も、ぜひ一度ご確認ください。


ACFXへ
ATLAS CAPITAL ACFX
ACFX is a brand name of the FX and CFDs brokerage firm Atlas Capital Financial Services Ltd, a member in Atlas Group.
AtlasCapital was incorporated in October 2007 and is headquartered in the center of Limassol, Cyprus. The Company is a member of AtlasGroup, one of the most renowned business conglomerates in southeast Europe. AtlasGroup has over twenty years of experience in investments and commercial banking, as well as real estate investments.
Based in Cyprus and regulated by the Cyprus Securities and Exchange Commission AtlasCapital is passported and fully compliant with the EU - MiFID Directive (Markets In Financial Instruments Directive).
Additionally, AtlasCapital provide…

変革期のFinTec。Neteller・Skrill・PaysafeはPaysafe Groupの下に

イメージ
NetellerとSkrillの親会社・管理者である「Optimal Payments」が名前を変え、「Paysafe Group」となりました。






2015年11月10日に変更され、12日に公式に名称変更の手続きが完了したとのアナウンスがされています。
既にオフィシャルサイトのアドレスもwww.paysafe.comに変更されました。optimalpayments.comにアクセスしようとすると、自動的にリダイレクトされます。



▶ NETELLERへ

2015年は大忙しのPaysafe

2015年8月には、NetellerがSkrill買収というニュースもありました。

大本営である「Paysafe」はホワイトラベルソリューション、クレジットカード発行など、オンライン・ファイナンス・ソリューションの面での積極的なビジネス拡大を行っています。
その「Paysafe

FXGlobeについて [取引状況・口座環境・出金状況]

イメージ
昨日のFXGlobeについてのコラムとご案内について、大きな間違いがあったため昨日のコラムは非公開にさせていただきまして、ここで訂正をさせていただきます。




FXGlobeで出金拒否はありません

FXGlobeで出金拒否はありません。口座凍結もありません。

確認されたとしていた出金拒否・口座凍結は全て、関係者のやり取りの行き違いによるもので、そもそも問題がなかったというものでした。

昨日は、とてもお粗末なコラムとなってしまい申し訳ありませんでした。

また、FXGlobeにてお取引中の方へ、余計な不安や誤解を生じさせてしまったことと思います。

問題となるような事実は一切ありませんので、今後も安心してお取引を継続していただければ幸いです。


事態の詳細について
今回の事態の詳細について、関係者の都合上、多くを公開することはできませんが、一部を後説明させていたいます。

口座凍結とされた事案は、アカウントマネジメントについてのセキュリティのアップデートが行われた際に、FXGlobe社と外部関係者間のコミュニケーションが取れていなかったことが原因による勘違いでした。

その他の事案は、FXGlobe社と外部関係者、両者による事態の確認と把握の際に、上記段階で認識の差がある状態で行われたため、対応に時間がかかってしまい、さらに行き違いが発生し関係者が誤認してしまったものでした。

この件、お問い合わせいただきました方にも、同様の内容ではありますが、再度ご連絡させていただきます。

FXGlobeの口座開設はPCBがお得

FXGlobeの口座開設は「FX PrimeCashBack (http://www.fx-primecashback.com/)」がおススメです。

FX PrimeCaxhBack (PCB)でFXGlobeを口座開設すると、取引ごとに0.3pips/1ロットあたりのキャッシュバックが自動で受け取れます。(アルゴ・ゼロ限定)

詳しくは、PCBの公式サイトでご確認ください。


FX PrimeCashBackへ

Neteller VIPカードの発行とデザインの一新

イメージ
世界で活躍するオンラインペイメントソリューションOptimal Payments PlcからNet+ VIP Prepaid MasterCard®が発行されることが発表されました。




このVIPカードは、高額の入出金でネッテラーを利用する顧客へのみ配布され、VIP専用としてユニークな機能を利用することができます。
2015年の7月からネッテラーのVIPカードを利用することにより、通常よりも大きい金額での出金を可能になっています。
このVIPカードは、エレガントに金色の真珠光沢のあるデザインにて発行されるとのことで、VIPクライアントへ良い触り心地を与えてくれるそうです。
Optimal PaymentはMasterCardと連携することにより、市場をリードする知識と共に、支払い能力・商品の改善、また顧客へ他にない経験を提供してきました。
最後に、Optimal PaymentのCEOであるロレンツォ・ペレグリノ氏からコメントです。
「私たちが提供する3つの商品”Net+ Prepaid MasterCard®、Net+ Virtual Prepaid MasterCard®、Net+ Virtual Gift Card”は、すでに100カ国以上の利用者に、8つの通貨種類にてより自由で革新的な解決策を提供しています。この新しいVIPカードは、私たちの賢い顧客たちへ更に広がったオプションとネッテラーだけでの高級な経験を提供します。」
> Neteller(ネッテラー)公式サイト 

MT4とMT5で、UnionPayによる決済受付開始

イメージ
MetaTrader 4とMetaTrader 5にて、「China UnionPay」での入金受付が開始されました。

これにより、MT4とMT5に利用できるEA、インディケーター、本や雑誌の購入支払いを「UnionPay」で行うことができます。

VPSやシグナルトレードに利用も、「UnionPay」を利用しての支払いが可能です。





これにより、MT4とMT5システム内での可能支払い方法は、6つに増えました。

「UnionPay」での決済を行いたいトレーダーは、支払い方法を選択後、20ある中国の銀行の中から1つ選択することで、支払いを行うことができます。


> Payments in the MetaTrader 4 and MetaTrader 5 Trading Platforms Using China UnionPay

MT4 WebTrader、新たな言語追加等と多数のアップデート

イメージ
MetaTrader4のウェブ版のアップデートが発表されました。



今回のアップデートでは、表示言語が追加されただけでなく、詳細レポートの抽出機能も付け加えられました。
主なアップデート内容は以下の3つです。



チャートのプロパティー設定機能に色の変更、Askラインの表示、ピリオドセパレーター、取引ボリュームなどの機能が付け加えられました。ツールバーに全画面表示のボタンが付け加えられました。取引プラットフォームのメニューバーの表示言語が英語、ロシア語、中国語、日本語、ドイツ語、ポルトガル語、スペイン語に増えました。


また、取引口座情報を削除する、確認ウィンドウが取引プラットフォームを閉じる際に表示されるようになりました。

(これまでは取引口座のパスワードのみの削除)

MetaQuotesからのコメントによると、トレーダーから通知のあったエラーに関しては、今後も修正に取り組み、素早い対応をしていきますとのことでした。

MetaTrader 4 公式サイト

コピー・トレード 「ZuluTrade」がよりSNSらしく

イメージ
ZuluTradeやシグナル・トレーダーなどのコピー・トレード(ソーシャル・トレードも同じ意味です)は、最初の手続きこそちょっと面倒ですが、取引そのものの手軽さとトレーダーの実績をみてコピーを始められる安心から、使ってみたらやめられないというコメントも聞きます。

そんなこんなで人気の自動売買プラットフォーム 「ZuluTrade」のコミュニティーが今回アップデートされました。

コピーやフォローでつながったネットワークが更に深く・楽しく・有意義なものになります。


ZuluTradeへ




為替市場の流れに乗り遅れないために、またチャート上で何が起こっているかを把握するために、情報交換は必須です。

市場で著しい値動きがあっても、その理由がわからないとムズムズしますよね?

ZuluTradeでは、ソーシャルツールの機能をさらにアップデートし、トレーダー達へ読み応えのある為替情報・ニュースリリースをいち早くお届けします。


ZuluTradeコミュニティーの今回アップデートされた機能は以下の通り。

コメントしたい通貨ペアのその瞬間を探して、あなたの考えやつぶやきをシェア気になるチャートで、今後の為替動向を世界中のトレーダー達と意見交換今後のトレンドを目で確認チャート上に表示されるお知らせで、今後のニュースリリース・指標発表時間を確認

ZuluTradeへ