2015/11 Spotware cTraderのアップデート

FXCFD取引プラットフォームcTraderを提供するSpotware Systemsが、今回cTraderのアップグレードと新機能の追加に関して発表しました。





cTraderといえば、ECN

ベーシックなMT4には装着されていないトレーダー間の取引をも可能にするシステムを提供している取引プラットフォームです。

今回のメインアップデートの内容は以下の3つです。

1) チャートの移動


チャートをマウスで簡単にドラッグすることで、チャートを移動できるようになりました。自動での拡大・縮小設定はないため、自由なチャートの大きさで、好きな位置に設定することが可能です。

2) 価格アラームの設定


常に監視していたい通貨ペアやCFD商品に価格アラームを設定し、その価格に達するとお知らせをしてくれる機能が追加されました。メールでのアラーム機能で、いくつでも設定可能です。

3) マージンコールアラームの設定


価格アラームだけでなく、証拠金維持率の変動によるアラームも設定することが可能です。3種類の数値を設定することが可能で、お知らせはcTrader IDに登録したメールアドレスへ届きます。

その他にも注文発注画面や、シンボルの表示など、トレーダーのための細かいアップデートが行われています。

cTraderでは、MT4と比較して安定性に欠けるとの批評もありましたが、これらのバグも改善されつつあるようです。


このブログの人気の投稿

FX裁定取引⇒口座凍結! 禁止されている理由とは?

FBSの取引条件・ボーナス等の注意点まとめ

FBSへのお勧め入出金方法・手数料まとめ