MetaQuotesが初めてMetatrader.comになりました

数年におよぶドメイン争いの結果MetaQutoesが、「metatrader.com」のサイトアドレスを獲得することができました。





FX取引プラットフォームといえばMT4。MT4といえばMetaquotesなのですが、インストール後に飛ばされる公式サイトのアドレスは、mql4.comとmql5.comとなっています。

「metatrader.com」ではないことに疑問を持ったことはありませんでしたか?

実は、MetaQuotesは「metatrader.com」のドメインを取得するために、この10年間努力してきていたのです。

その努力の歴史とは…

MetaTraderのドメインは2003年に他社が獲得。そして2012年にMetaQuotesがMetatraderのビジネス名は公式にMetaQuotesが獲得していると起訴し、MetaTraderは2005年までビジネス名として登録していなかったことが理由で敗訴。最終的にMetaQutoesは先月10月にドメインを購入。

顛末の詳細は確認できませんが、シンプルなドメイン構造はユーザーの利益となることでしょう。


このブログの人気の投稿

FX裁定取引⇒口座凍結! 禁止されている理由とは?

FBSの取引条件・ボーナス等の注意点まとめ

FBSへのお勧め入出金方法・手数料まとめ