日本Forex業界の停滞・取引高の減少

日本のFXの取引高が昨年と比べて、3割も大きく減少しました。





FFAJの統計によると、日本のOTC(Over the Counter)外国為替市場の取引高は、合計約4900兆円を2015年の1月から10月までで記録していましたが、10月以降で31%の取引高の減少を記録しました。

今年最大ともいえるこの取引高の減少は、世界から非難される日本のOTC(マーケットメーカー)環境が着実にトレーダーを手放しているのか、それとも中国経済とアメリカ利上げの重要指標発表を見越してのリスクオフなのかは明確ではありません。

FFAJOTC外国為替業に登録し、これらの統計を発表しているのは 53のブローカー達。この数も先月の55から減っています。


このブログの人気の投稿

FX裁定取引⇒口座凍結! 禁止されている理由とは?

FBSの取引条件・ボーナス等の注意点まとめ

FBSへのお勧め入出金方法・手数料まとめ