ついにカードになりました。ビットコインでコンビニ支払いも可能に

アメリカでは、ビットコイン専用デビットカードが誕生しました。 





その名前は「シフトカード」(Shiftcard)。 

アメリカ国内のVISAカード取り扱い店であればどこでも、支払い手数料は無料で、利用できます。

このシフトカードを発行しているのは、Coinbaseというビットコインウォレット運営会社です。




ビットコインという発明



ビットコインのシステムは、今世紀最も画期的なシステムとも言われているほどです。

政府、金融機関、カード会社から一切管理されることなく、実際に利用者のもとで全て管理される、金融デモクラシーが実現しています。 

もちろん利用者が増えるほど、さらにビットコインは便利になります。


ビットコインの問題を解消するカード



それでも、ビットコインの利用者の80%は投資目的。残りの20%が資金の送金目的とされています。

この数字はオンライン支払いシステムとしては低い数字です。

ビットコインはこの解決策を探していました。

そこで、発行されたのがこの「Shiftカード」です。

これにより、更に一般層へ普及すると考えられています。

このカードの利用では、個人情報を証明する必要がありますので、匿名性もなくなり、世界中の金融機関にも認められるきっかけになるとも考えられます。


ビットコインカードのメリット



ビットコインのデビットカードを利用するメリットは銀行口座が不要なことです。

もしこれが普及すれば、デジタル通貨のみであなたは生活できることになるかもしれません。


ビットコインとVISA



ビットコインは、金融監督機関からの規制が一切なく、各国・各地域の機関はその匿名性を問題視しています。

そんなビットコインを、あの「VISA」がカード発行を認めるのでしょうか?

いいえ、もちろん認めません。

しかし、ビットコインは、「Shift」というカード会社を通して、「VISA」と契約しています。

「VISA」もビットコインの今回のようなビットコインの透明性を高め、一般に普及させるための活動を全面的に支援しているようです。

新しい金融インフラとして、こうしたデジタル通貨が本当に普及する日も近いかも知れませんね。

このブログの人気の投稿

FX裁定取引⇒口座凍結! 禁止されている理由とは?

2018年1月、海外FXの口座開設キャンペーンまとめ(未入金ボーナス・口座開設ボーナス)

ブリッシュ・ベアリッシュとは?用語の起源をしろう