CFDの基本知識!CFDCashとCFD先物の違い

CFD(Contract For Difference)とは差金決済という意味で、投資商品の価格の差から利益を得ることができます。

株や商品は、実際の市場では買うことしかできませんが、CFD(差金決済)では売って利益を得ることも可能なのが、大きな特徴です。

なぜCFDが存在するのか?


CFD商品とは、より魅力的な投資商品を生み出すために各FX会社が作った商品です。

CFD取引は、取引市場ではなく、FX会社と投資家が直接取引をすることになります。つまり、CFDは相対取引(OTC)です。

もともとは、主に株・商品価格の下落からの損失を制限したいという投資家がヘッジ(両建て)するために、利用されていました。

CFDの種類


一般的なFX会社にて提供されているCFD商品には、大きく分けて2種類存在します。

それがCFDキャッシュとCFD先物です。

銘柄が同じであれば、いずれチャートの値動きもほぼ同じとなります。(実際の市場とは数秒の差があることがあります。)

しかし、値段(数値)を応用しているだけのため、キャッシュ銘柄では先物銘柄にある限月(期限)がなく、決済最終日やそれに伴うロールオーバーなどもありません。

CFDcashとCFD先物の違い


以下がCFDキャッシュとCFD先物の主な違いです。

CFDキャッシュ CFD先物
スワップ金利 あり なし
スプレッド(手数料) 狭い 広い
取引期限 限月あり 限月なし
(マイナス)スワップが発生することと、スプレッドが狭いことを考えるとCFDキャッシュは短期運用向きと考えられます。

そして、CFD先物は長期運用向きです。

CFD商品の取引を行うためには、CFDを提供されているFX会社にて口座を開設する必要があります。

CFD取引が可能なFX会社の一覧は以下からご確認ください。

CFD取扱いFX業者一覧へ

このブログの人気の投稿

FX裁定取引⇒口座凍結! 禁止されている理由とは?

FBSの取引条件・ボーナス等の注意点まとめ

FBSへのお勧め入出金方法・手数料まとめ