ECNのFX取引プラットフォーム(cTrader/MT5)

MetaTrader 5 Build 1210版に「市場の深さ」を確認する機能が搭載されました。


Market Depth(FX市場の深さ)


「市場の深さ」を確認する画面を開くことでリミットオーダーの設定も簡単になり、画面上でマウスをドラッグすることで”Buy Limit”、”Buy Stop”、”Sell Limit”、”Sell Stop”の注文を設定することができます。

※画像提供元: MetaQuotes
英語版のMT4であれば、チャートの設定から”Show quick trading buttons”を選択することで、「ワンクリックトレード」と「市場の深さ」の画面が表示されます。


ECN取引環境って何?


そもそもECN機能とは、Electronics Communication Networksの略で、「投資家と市場提供元の銀行だけではなく、投資家と投資家の間でも直接つながりトレードが行われる。」という機能です。

ECNを兼ねそろえた代表的な取引プラットフォームに「cTrader」があり、ECN機能により決済スピードが改善され、他の投資家がどれだけの取引量を行っているか、「市場の深さ」を確認することもできました。

ECNのメリットは3つです。

  1. 市場の取引状況を確認可能
  2. 約定の質の向上
  3. FX業者と投資家との間に利害の対立なし

MetaTrader(メタトレーダー)は疑似ECN


その「市場の深さ」をMT5でも公式に確認することができるようになったということですが、MT5の取引環境がECNになったとはまだ報告はされていません。

MT4MT5を開発するMetaQuotesではcTraderとは取引システムが全く異なるため、ECNの実現は難しいともいわれていましたが、またECNと似たようなフレーズで”ECNを超えた取引システムが開発されるかもしれませんね。

cTrader/MT5 提供FX会社 FxProへ

このブログの人気の投稿

FX裁定取引⇒口座凍結! 禁止されている理由とは?

FBSの取引条件・ボーナス等の注意点まとめ

FBSへのお勧め入出金方法・手数料まとめ