2016年春FX証券会社比較ランキング!! -スプレッド・レバレッジ・評判で賢く選択-

FX取引を行う上で、より良いFX証券会社を選ぶことは大切なことです。

証券会社の選び方を間違えるだけで、時間と大切な資金を無駄にしてしまうこともあります。

これからのFX証券会社を選ぶ上で特に大切なことは以下の5つです。

  • スプレッド等の手数料
スプレッドが1ピップ違うことで、10万通貨(1ロット)での取引の場合には、毎回約1000円ほど損することになります。FXの取引コストは、滑り(スリッページ)も含めて考える必要があります。
  • レバレッジ
レバレッジがより高いことで、少ない証拠金で高い取引数量を取り扱うことができます。
例えば1万円の資金を保有している場合、レバレッジ25倍であれば25万円分の証拠金取引、レバレッジ3000倍であれば、3000万円分の取引を行うことができます。
レバレッジは、FXの利益に直接的に関わってくる1つの要因です。
  • 追証・借金の取り扱い
FX取引は常にリスクを伴いますが、証券会社を選ぶことでそのリスクを制限することも可能です。
追証の発生しないFX会社では、利益は数100倍に、しかし損失は入金金額分までと制限することでより有利に取引を行うことができます。
  • 取引手法の制限(利益分取り消しの条件など)
取引手法の制限を設けている証券会社であれば、出金の際に違法な取引であったとして利益分の取り消しを行われることもあります。
特にOTC(相対取引)を行われているFX会社であれば、取引制限や利益分取り消しは普段から行われている場合があります。
  • ボーナスキャンペーン
取引結果(利益・損失)に直接的に影響する要因ではありませんが、ついでの利益としてお得に取引することも賢い投資方法です。


ここでは、上記の条件を全て満たしていて、かつ2016年春に最も人気のあるFX証券会社を3つ紹介します。

以下の3つの証券会社は全て、取引コストが低く、レバレッジが高く、追証(借金)が発生せず、取引手法に制限がなく、豊富なボーナスキャンペーンを提供しているFX会社です。


ランキング1位 FBS(エフビーエス)

FBSは、ロシアとベリーズの2つの金融庁に登録しているオンラインFX証券会社です。

世界最大のレバレッジ3000倍を提供しつつ、追証(借金)なしの最高の取引環境を提供しており、毎日1,000件以上のライブ口座開設が行われているほど世界中で大人気の証券会社です。

過去にネガティブな口コミが一切ないほど素晴らしいサポートとともに、口座開設・入出金・取引は全て日本語に対応しています。
FBS(エフビーエス)
最小スプレッド
(手数料込み)
0.2ピップ(銭)
最小平均スプレッド 0.9ピップ(銭)
最大レバレッジ 3000倍
ボーナス
キャンペーン
未入金ボーナス・入金ボーナス・コンテストなど
口コミ・評判
出金遅延・拒否 なし

ランキング2位 IronFX(アイアンFX)

過去にFX市場を圧倒したあのIronFXは、イギリス免許を獲得しIronFX UKとして帰ってきました。

イギリスのIronFXでは、顧客の全ての出金プロセスは自動化されているため、今後は出金に日数がかかることもありません。
今までと全く同じ取引環境そしてボーナスを提供しており、数年前と同じような注目と勢いともに現在更に急成長中のFX証券会社です。

また、IronFXの日本語サポートの対応は、とても素早く頼りになることでも、信用を集めています。
IronFX(アイアンFX)
最小スプレッド
(手数料込み)
0.5ピップ(銭)
最小平均スプレッド 0.6ピップ(銭)
最大レバレッジ 500倍
ボーナス
キャンペーン
キャッシュバック・入金ボーナス・コンテストなど
口コミ・評判
出金遅延・拒否 なし

ランキング3位 XM(エックスエム)

XMは、日本へ向けての豊富なプロモーションと共に、日本国内にて最も大きいシェア率を持つキプロス拠点のオンラインFX証券会社です。

レバレッジ888倍とデモ・ライブコンテスト、そして日本語ネイティブでのサポート・市場分析等など、サービスにおいては全てが平均以上の頼りになるFX会社です。
XM(エックスエム)
最小スプレッド
(手数料込み)
0.5ピップ(銭)
最小平均スプレッド 0.8ピップ(銭)
最大レバレッジ 888倍
ボーナス
キャンペーン
未入金ボーナス・入金ボーナス・コンテストなど
口コミ・評判
出金遅延・拒否 なし

このブログの人気の投稿

FX裁定取引⇒口座凍結! 禁止されている理由とは?

FBSの取引条件・ボーナス等の注意点まとめ

FBSへのお勧め入出金方法・手数料まとめ