FX裁定取引⇒口座凍結! 禁止されている理由とは?

FXとCFDの取引を行うための手法はたくさんありますが、その中でも最もリスクが低く、かつ利益性の高い取引手法は何でしょうか?

そうです、裁定取引です。(他にもあるかもしれませんが、、、)

この「鞘取り」とも呼ばれる手法は、多くのFX会社において禁止されており、確認されればすぐに利益分没収か口座を凍結される場合があります。

時たま裁定取引を推奨される記事を確認することもありますが、後のことを考えると決してお勧めはできない取引手法です。

そもそも裁定取引とは?


裁定取引は、リスクを負わずに利益だけを得ようとする取引です。

裁定取引といっても種類はいくつかあり、ここではその中でも代表的な3つの裁定取引を紹介します。

裁定取引の種類


スワップを利用した裁定取引

各FX会社が提供するスワップポイント(為替金利)の差を利用した裁定取引です。

例えば、A社がEURUSDのロング(買い)スワップとして+3ポイント、B社がEURUSDのショート(売り)スワップとして-1ポイント提供している場合。

A社のFX口座でEURJPYを買い、B社のFX口座でEURJPYを売ることで、+2ポイント分のスワップを毎日受け取ることができます。

この場合EURJPYを両建て(ヘッジ)しているため、為替変動リスクは一切負いません。

半永久的に注文を保有していてもリスクなしにスワップだけを得ることのできる裁定取引です。

ボーナスを利用した裁定取引

ボーナスで受け取った金額を利用し損失を抑えて、利益を通常通りに得る裁定取引です。

例えば、A社とB社の両方で1万円のボーナスを受け取り、その後両建て取引を行う場合。

A社の口座で1万円の損失が出た時点で両方のポジションを閉じると、B社の取引口座では1万円の利益を得ることができます。

この場合A社ではボーナス金額分のみが減少し実際の入金金額分に損失はなし、かつB社の口座では1万円の純利益が得られたことになります。

ボーナスを悪用することにより、為替変動リスクを負わずに利益を出すことのできる裁定取引です。

他の名義の口座間を利用した裁定取引

これは上記のような裁定取引を複数口座間で行う場合です。

取引履歴があまりにも不自然な場合には、FX会社側から裁定取引の疑いをかけられることもあり、他の名義の口座を利用して裁定取引を行っていないか確認が行われることもあります。

このやり方は実は中国で流行っており、過去にはIronFXが、現在ではACFXが中国の投資家グループが行っている違法な裁定取引への対応を行っています。

裁定取引が禁止されているかどうかは、各FX会社の利用規約に必ず記載してありますので、必ず確認されるようにしましょう。

ちなみに裁定取引は英語では「Arbitrage」と記載されます。

禁止されている理由


裁定取引が禁止されている理由は「FX会社が損をするから」です。

ボーナスを利用する場合には、FX会社側がボーナス金額分を支払うことになるため、彼らとしては大きな損失を生み出すことになります。

また、スワップポイントを利用した裁定取引であっても、口座の管理費用と各注文を維持するための手数料等が発生するため、ポジションの長期保有はFX会社にとってはメリットはありません。

FX・CFD取引は必ずリスクを伴うものであり、そのリスクを負わずに取引を行うことは「投資」としては認められないと判断される場合も多々あります。

裁定取引は、一般的にSTPと呼ばれる取引所外国為替証拠金取引のサービスを提供しているFX会社でも禁止されていることがありますので注意してください。

裁定取引後のFX会社の処置は?


裁定取引を禁止されているFX会社にて、裁定取引を行っていることが確認された場合には、利益分の没収か取引口座の凍結を行われる場合があります。

2016年初めごろに、ACFXの原油の高スワップを目的として、多数の取引口座を利用した裁定取引が中国で行われたことが問題になり、現在ACFXからこの中国人グループの特定と処置を行われています。

この違法な取引を行った投資家達がネット上でACFXを詐欺(SCAM)業者だと批判されていることが話題となりましたが、このACFXからの対処は適切なものであると各金融監督機関から認められており、これらの口座に関してはボーナス金額分と裁定取引により得られた利益分の取り消しが行われる予定です。

高スワップのトルコリラと南アフリカランド

場合によっては、毎日1000円近くの高スワップポイントを得ることができるエキゾチック通貨、トルコリラと南アフリカランドですが、これらの取引にも注意をする必要があります。

それは為替変動リスクを負うことです。

取引開始する前に、各社の取引条件を確認することは必須です。
不明な点がある場合には、すぐに各サポートデスクへ問い合わせることをお勧めします。

トルコリラと南アフリカランドの口座スワップの詳細については、コチラをご確認ください。

このブログの人気の投稿

FBSの取引条件・ボーナス等の注意点まとめ

FBSへのお勧め入出金方法・手数料まとめ