中国最新10月(2 -中国企業破たんと悪循環

減少し続ける中国政府のお金に続き2つ目の問題を見てみましょう。




中国国内企業の破たん



資金が逃げて中国市場の規模が縮小することにより、国内企業の財政も悪化します。すでに過剰生産で赤字を出し、政府の支援なしでは生きられなかった企業達はさらに支援を必要とします。

しかしながら、その肝心な政府の貯金が1カ月で3%も減るのであれば、今までのように気ままに超低金利の支援もできません。
そうなると、もちろん中国企業は債務不履行(デフォルト)に追い込まれかねません。
このデフォルトの数こそ人民元を引き下げる原因の1つでもあり、デフォルト数を減らすためには、さらに政府の貯金箱を消費する必要があります。


そして、以下のような悪循環ができあがります。


人民元下落→政府介入→資本国外流出→国内財政悪化→人民元下落


資本の国外流出を防ぐために、中国政府はすでに様々な策をうってきました。
しかし、そんな対策も逆に不安を招き、資本逃避に拍車を掛けているようにみえます。

「外貨準備高」こそ、今の中国の経済をかろうじて支えている資金です。中国政府がこの資金で経済介入を続ける限り人民元の大幅下落は免れられるかもしれません。
もし、介入なしに市場が動くのであれば、人民元の下落は予想して当たり前です。


19日には、中国の最新GDPが発表されます。GDP成長率がどのくらい減っているか、注目です。

このブログの人気の投稿

FX裁定取引⇒口座凍結! 禁止されている理由とは?

FBSの取引条件・ボーナス等の注意点まとめ

FBSへのお勧め入出金方法・手数料まとめ