狭いスプレッドに最高の約定環境「NYLONセッション」を意識してみよう

最も活気あるNYLONセッション


NYLONセッションとは、世界中で24時間行われている為替取引が最も活発な時間帯です。





なぜForexは、24時間取引可能なのか、もう知っていますよね?

為替取引は、毎日オセアニア市場から始まり、アジア市場、ヨーロッパ市場、 ニューヨーク市場と24時間どこかの市場が開いています。

そして、1日の中で最もForex取引が活発になる時間は、ロンドン市場とニューヨーク市場の重なる時間帯です。
 
取引ボリュームだけで見ても桁違いな量(数倍)になり、この最も市場が起きている時間帯のことを「NYLON」とも呼びます。




※取引ボリュームは、MT4のATR Indicatorを利用することでも、確認することができます。


NYLONは最もスプレッドが狭い



このNYLONの時間帯は、1日で最もトレードが盛んなためスプレッドは最小値まで狭まり値動きも盛んになります。

NYLONセッションは取引量も増大するため、市場の持つ約定力そのものが増し、スプレッドが狭まるだけでなく、スキャルピングもより成功しやすくなります。

日本時間で、夜の時間帯に取引をした方が有利といわれるのは、このNYLONセッションの市場環境が理由です。


日本時間 21:00~翌2:00


NYLONは、日本時間でおおよそ夜9時から始まります。

夜更かしはおすすめしませんが、お仕事終わりのこの時間にチャートを見てみてはいかがでしょうか?

このブログの人気の投稿

FX裁定取引⇒口座凍結! 禁止されている理由とは?

FBSの取引条件・ボーナス等の注意点まとめ

FBSへのお勧め入出金方法・手数料まとめ