FXブローカーはなぜ倒産するのか?倒産したらどうなるのか?

"ブローカーが潰れることなんてあるのか?"

それが時々あるのです。

とても稀ではありますが、2015年初頭のスイスフランショックで経営破綻したFXブローカーがとてもわかりやすい例です。





FXブローカーが潰れる理由は主に2



ブローカー自身が投資部門で為替取引を行っており、単純に取引がうまくいかなかった場合



スイスフランのAlpariが例になります。

顧客のマイナス証拠金を全額負担できなかったとの報告もありましたが、実際にはおそらく100%の信託保全を行っていなかっただけでなく、顧客の資金を証拠金として利用しての取引を行っていたとも言われています。


為替変動で生じた顧客のマイナス証拠金を、負担できなかった場合



特にホワイトラベルと呼ばれるブローカーのタイプでは、マイナス証拠金を負担できなくなる場合が多々あります。

それは、オリジナルのブローカーに比べて、彼らに資金力がないからです。その場合には、もちろん倒産まで追い込まれます。


潰れたらあなたの預けた資金はどうなるのか



世界中どこでも、FXブローカーとして金融監督機関に登録されている場合には、トレーダーから預かった証拠金は他の金融機関に信託保全をすることが義務付けられています。

つまり、FXブローカーが倒産しても、トレーダーの資金は全額返金されます。

しかし、為替相場が著しく動き、FXブローカーの財政破綻が決定してしまった場合には、トレーダーが保有しているポジションたちは、早くとも遅くとも強制決済されます。

強制決済の場合には、事前通知がある場合もあれば、ない場合もあります。

FXブローカーを選ぶ際に、破たん時や補償も検討材料にすると運営実績の長い会社から選ぶというのも一理ありそうですね。

▶ 世界のFX会社 一覧

このブログの人気の投稿

FX裁定取引⇒口座凍結! 禁止されている理由とは?

FBSの取引条件・ボーナス等の注意点まとめ

FBSへのお勧め入出金方法・手数料まとめ