押さえておきたい「伝統的4資産」、FXでも実践したい「分散投資」

知っておきたい「伝統的4資産」



伝統的4資産とは、商品性格と地域によって4つに分けた投資対象資産のことで、「国内株式」「国内債券」「海外株式」「海外債券」の4つを意味します。

上記の伝統的4資産に投資を振り分けることで、基本的な国際化された分散投資が可能になります。




分散投資とは低リスク・高リターンを目指す投資



分散投資とは、投資対象を多様化することにより投資に伴う価格変動リスクを低減させ、ハイリターンをめざすというものです。

すべての資金をひとつの投資に集中させると、運用がうまくいかない時にマイナスのダメージだけを抱えることになります。

しかし、値動きの異なる複数の投資に分散させれば、リスクを分散しながら、安定的な投資を期待することができます。


伝統的4資産は、分散投資の基本



伝統的4資産であれば国内外の国や地域、株式や債券など商品、円やドルなどの通貨と、積立などの時間で分けるという、大きく4つの分散が実践できるため、具体的な分散投資の方法・カテゴリとして、長年にわたり人気を集めています。


分散投資は、気軽にできる



FX取引では、関連が薄いようにも感じられますが、複雑なことをせずともFX銘柄と同じソフトで取引できるCFD銘柄は伝統的4資産に基づく分散投資が可能です。

そのため、FX会社で株式やコモディティなどのCFDを取り扱っているネット証券会社が増えた現在では、とても気軽に実践できる投資法となっています。

FXをはじめるとき、キプロスやオセアニア系のFX会社で投資を始めるときは、ぜひ、この分散投資も検討してみてくださいね。


このブログの人気の投稿

FX裁定取引⇒口座凍結! 禁止されている理由とは?

FBSの取引条件・ボーナス等の注意点まとめ

FBSへのお勧め入出金方法・手数料まとめ