OTCだから価格操作?いえいえ、そうではありません

株や債券とは異なり、Forexだけは世界中で平日24時間取引可能な金融商品です。

Forex市場には実際に物理的取引が行なわれている場所がありません。




OTCとインターバンク



そして、この中心となる市場がないForexは、OTC (over the counter)取引、またはインターバンク取引として分類されます。

インターバンク取引は、全ての取引が電子商取引として行われ、各取引銀行間のネットワーク上で繰り広げられる市場内での取引のことです。

そこにトレーダーが介入し、彼らが取引する価格変動を利用して、取引をする際にOTC取引が行われます。

OTC取引は、仲介となるFXブローカーがトレーダーへ提供するもので、ブローカーなしでは一般のトレーダーは取引すら行えません。

ということは、ブローカーが仲介して価格操作?

いいえ、そうではありません。

(日本を除く)世界のFXブローカーは、インターバンク取引の価格をトレーダーに提供しているだけです。

その売買価格(BidAsk)に更なる価格差(手数料)を設けることにより、利益を上げています。

トレーダーが負けても買っても、ブローカーの利益に。「そんなのずるい!」と思うかもしれませんが、あなたの11つの取引でブローカーへ利益を出させないためには、より取引手数料の低いもの、スプレッドの低いブローカーを選ぶ必要があります。

このブログの人気の投稿

FX裁定取引⇒口座凍結! 禁止されている理由とは?

FBSの取引条件・ボーナス等の注意点まとめ

FBSへのお勧め入出金方法・手数料まとめ