FinTech vs 銀行の時代がやってきた

説明つくされた用語ですが、FinTech(フィンテック)とは、「Finance」と「Technology」を掛け合わせて作られた用語です。

このFinTech市場が近年急激に成長していることから、世界中の投資家・銀行・金融監督機関からも注目を集めています。

FinTechの例


トレーダーになじみのあるFinTechの例をあげるなら、ビットコイン(Bitcoin)、ネッテラー(Neteller)、スクリル(Skrill)などがそれにあたります。

PayPalは、最もわかりやすいFinTechの成功例でしょう。

またネッテラーは、最近スクリル事業を買収し、かつ手数料が圧倒的に安いことからも多大な人気を集めています。

なぜFinTechを使うの?


多くのFinTechの特徴的かつ多くの人を熱狂させるポイントは、国境や地域を意識させないこと、その多くが既存の銀行というシステムに依存しないことです。

インターネットされあれば、それだけですべてが管理され、入出金・決済をよりスムーズに、よりユーザーに優しく開発されていることもポイントです。

銀行口座を保有せずに、お金の管理・入出金を世界中で行うなんて数年前には不可能なことでした。

いまのNetellerやSkrillを見れば、この入出金のスピード、アクセスの容易さが重宝され普及が進む理由であることが理解できますね。

管理と監視


このFinTechの(各国政府や金融監督機関にとっての)デメリットは、監視が難しいことです。

匿名で世界中に送金を行えるビットコインはテロ資金の拡散のために利用されかねないとも言われています。

あまりに便利さを追求してしまったせいか、現在ではFinTech = 犯罪・脱税というトピックで批判されることも多々あります。

逆にいうと、金融行為監督機関からの管理不可 = 利用者の経済的自由とも考えられますが、将来的にFintechに対してある程度の法律が定められるのも時間の問題のようです。

FinTechはとっても便利



数年後には、銀行ではなくFinTechのみを利用するユーザーは世界の決済の半数を占めることになるだろうともいわれています。

FintechのおススメはNeteller(ネッテラー)!

もし、あなたがNetellerの口座を持っていれば:
1. 世界中どこにでも即時に送金
2. 世界中のATMからいつでも資金引き出し
3. 為替手数料最小1%
4. ネットでもショッピングにでも利用可能


1度その便利さを知ればもう止められないFinTech、利用するのはタダです。

この機会に今人気急上昇中のNetellerのサービスを体験してみませんか?

このブログの人気の投稿

FX裁定取引⇒口座凍結! 禁止されている理由とは?

FBSの取引条件・ボーナス等の注意点まとめ

FBSへのお勧め入出金方法・手数料まとめ