ロンドンNY間のFXコネクション、最速の0.006秒を実現

FX市場へコネクションサービスを提供するFXecosystemが、Tier1とTier2の銀行へ更に改善された処理速度のコネクションを提供することが可能になったと発表しました。



その処理速度が、過去の最速記録を2ミリ秒も上回った63.36ミリ秒です。

これを利用することにより、トレーダーは1秒間に更に多い取引回数、最速の約定速度を経験することができます。

すでにFXecosystemの顧客である銀行へはこの処理速度が適用されているそうです。

FXecosystemを取引環境に採用している市場提供元の銀行と契約しているFXブローカーであれば、近々、処理速度の最速記録更新のお知らせがあるかもしれませんね。


このブログの人気の投稿

FX裁定取引⇒口座凍結! 禁止されている理由とは?

FBSの取引条件・ボーナス等の注意点まとめ

FBSへのお勧め入出金方法・手数料まとめ